給湯器の水漏れをチェックし業者を選択する

給湯器の水漏れをチェックし業者を選択する 私たちは毎日お風呂に入ったり、温水で食器を洗ったりします。お湯が毎日使えるということは当たり前のように考えがちですが、給湯器が壊れてしまうとこのような快適な生活はできません。給湯器から水漏れしているときに色々な原因を考えて、様子をよくチェックします。日ごろから修理に備えて、施工店の情報を集めておくのも良いです。


■水漏れの原因を考える

給湯器から水が漏れていることに気づくことがありますが、それらの中には問題ないものもあります。例えば、水抜き栓から水が落ちているときです。これらは定期的に行われ、安全装置として標準的に搭載されている機能の一つです。長期間給湯器を使っていない場合にも水抜きが行われます。しばらく水抜きをすると自動的に止まるので、少し様子を見ておくことができます。
しばらくしても水漏れが止まらなかったり、お湯を使いだすと水がポタポタ漏れてくるようなら、その他の原因かもしれません。取り扱い説明書をチェックしたり、使っているタイプの型番やメーカー名をインターネット上で検索することもできます。そうするとそのタイプについての説明が表示されます。その中で、今の症状に当てはまりそうな項目をチェックし、対策があるようならそれを行います。
給湯器の寿命による、消耗部品の摩耗という原因も考えられます。この場合は、特定できる原因はなくても消耗部位から少しずつ水が漏れだしているかもしれません。いずれの場合も、少し観察しどの程度の水漏れか確かめることができます。

■業者を探す
水漏れ 修理をするにしても、給湯器の交換をするにしても業者を探すことが大切になってきます。情報を広く集めることができます。いつも行っているホームセンターに、給湯器の施工ができる提携店があるかもしれません。新聞広告にも、メーカーの展示会の情報が記載されていることがあります。期間限定のお得な情報があれば、それらもチェックします。もちろん、インターネット上で必要な情報を探すこともできます。
住んでいる地域にたくさんの業者がいることもあります。そんなときインターネット上の比較サイトが役立ちます。それぞれの会社の強みや、実際に依頼した人の声が掲載されているものもあります。どんなトラブルが発生して、どれくらいで修理に来てくれたか、という具体的な情報があると自分が依頼する時にも役立ちます。

■修理の流れ

給湯器の修理や交換のために、業者をピックアップしたら見積もりを依頼します。見積もりには本体代や部品代といった材料代、工賃が含まれています。作業一式というような一括の項目なら、詳細な内容をチェックする必要があります。また近くの施工店か、全国チェーンの施工店かによって異なる項目もあります。市内の施工店なら交通費などは請求されないですが、遠くから修理に来る場合は、交通費が別途実費精算になっているかもしれません。
見積もりを検討後、業者を決めていきます。価格はもちろんですが、その後のフォローをしてくれるところ、電話やメールでも丁寧に対応してくれる会社なら安心です。
インターネットから情報を得た場合、お客様の声やよくある質問のページなどにも、役立つ知識が掲載されていることがあります。時間があるときに見ておくと良いです。

■まとめ
給湯器の水漏れは、いつ起こるか分かりません。時々機械をチェックしておき、水漏れの症状があったらすぐに対策をたてます。業者を選択するためには、広告、インターネット、地域の情報などを取り入れる必要があります。
見積もりは支払うべき項目がすべて含まれているか確認します。実費別途となっている項目はないでしょうか。アフターサービスも考えて業者を決めます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース