給湯器の水漏れがパイプ部から起こったら

給湯器は家族みんなが使うもので、消耗が早い機械の一つです。お風呂専用のものもありますし、家の中のお湯全体をカバーするタイプもあります。毎日どれくらい使うかによって消耗のスピードは異なるものの、目につく部品は消耗を時々チェックできます。パイプ部から水漏れするとすぐに修理が必要になってきます。

■給湯器のパイプを保護する

給湯器にはその設置方法によって、室外に設置する屋外型と、部屋の中に設置する屋内型があります。お湯を供給する量によって大きさも異なりますが、小型の場合壁掛けのようなタイプもあります。屋外に設置するものには、据え置きタイプのものもあります。普段あまり注意して見ているわけではないので、異常が見つかったときには、だいぶ被害が広がっているかもしれません。
ガス給湯器から出ているパイプ部は銅管や鋼管です。屋外なら特に、雨などの影響でサビたり摩耗するスピードが早かったりするので、注意が必要です。外に設置しているものは、風が強くて外部から傷がつくということもあります。
最初からパイプの周りに保護するため布やテープを巻き付けておく人もいます。寒冷地方や朝晩の気温差があるところなら、膨張して破裂することを事前に予防することができます。給湯器の周りに、最初から風よけなどを作っておくこともできます。

■交換や修理を考える

給湯器本体に異常がなく、パイプ部だけの水漏れなら交換するという選択肢があります。水漏れ 修理を考える場合、水漏れの量にもよりますが、ガムテープをはったり、穴があいたところをボンドでくっつけたりしても、問題は解決しません。ガムテープやボンドは熱に弱いので、給湯器から出てくるお湯ですぐ粘着力が弱まるからです。
業者に来てもらって、現場を確認してもらうのが一番です。そのうえで部品交換が良いのか、全体の交換が必要か考えることができます。水漏れがひどいようなら、給水栓をしめておいて被害を最小限に抑えます。業者に状況を伝え、どの部分から水漏れしているかを正確に伝えます。

■まとめ
給湯器から水がポタポタ漏れていたら、どこからの水漏れか確認します。パイプ部の問題かもしれません。パイプやパイプの接続部も消耗部分ですので、屋外に設置しているなら、なるべく風雨から保護するよう対策します。
水漏れがひどいようなら、水の元栓をしめ業者に見てもらいます。パイプ部だけの交換か、本体も含めて交換を考えるべきか見極めて決定します。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ