給湯器の水漏れが続く場合交換を考える

給湯器の水漏れが続くようなら、部品交換だけではなく、給湯器本体を交換することを考える必要があります。新しいタイプのものには、様々な便利な機能が追加されているものです。家族としてどんなタイプが良いのか色々と検討します。
業者も選択のチェックポイントがあるので、多方面から考えていきます。情報を集め、見積もりを取って最終的に依頼する会社を選びます。

■給湯器の交換時期は

給湯器も消耗するものなので、一般的に8年以上使っているタイプは交換を考えることができます。交換の前に、どんなタイプなら自宅に設置できるかチェックします。集合住宅なら、メーカーや給湯器の大きさが決まっている場合が多いので、管理会社に確認しておくことが大切です。一軒家に設置しているなら、もう少し選択の幅があります。
一番簡単な方法は、自宅で今使っているメーカーの型番を見てホームページをチェックすることです。同じ程度のタイプでより機能が多くついているものが出ているなら、それを選ぶことができます。エコタイプ、予約タイマーがついているものも多いので、どんな使い方をしたいか、家族で話し合って決めます。
家族の人数が増えたとか、減ったなどの理由で大きさを再検討したい場合もあります。給湯できる量、節電ができるかなどいくつかのポイントを見て、メリットとデメリットを考えていきます。

■業者を選ぶ

施工をしてもらう業者を選ぶ際、まず指定の会社があるかどうか確認します。地元の業者なら、親戚や身近な人から水道 評判を聞くこともできます。いくつかの業者があるようならそれぞれ見積もりをとって、比較することが大切です。
見積もりは同じ条件下で比較できます。すべての費用が含まれているかしっかり確認します。ガス管の接続なども関わるため安全に施工ができる業者を選びます。給湯器は設置したらそれで完了というわけではありません。使っていて困ったことがあった場合、すぐにアフターサービスをしてくれることも大切です。休日もつながるフリーダイヤルがあるところや、すぐ来てくれる距離にある会社なら安心して依頼できます。

■まとめ
似たような箇所で水漏れなどの故障が続くなら、機械全体の交換を考えることができます。タイプや機能をチェックし、家族にとってどんなものが良いか考えます。業者もいくつか選択し、見積もりを依頼します。設置を安全に、そして安心して任せられる会社、その後のアフターサービスもできる会社を選びます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ